2010年11月16日

任務完了?

探査機はやぶさの持ってきた微粒子の中に小惑星イトカワの物質が見つかったそうですね
分析にかなり時間がかかるという話でしたが、思ったより早かったなあと思いました
様々な技術と努力と工夫、きっとどれも誇れるものでしょう
いくつものトラブルで回り道はしたものの、行って、帰ってきて、採取までしてきたんですから
これはトラブル越えも含め、大成功ですよね

発見された物質は1500ほどあり、北大の世界にひとつしかない顕微鏡とかいうのでも調査するらしいです
それを聞いて、いくら1500あるといっても貴重な物質。それ移動させる時にうっかりくしゃみで紛失。なんて事にならないのかなあ?なんてしょうもない事を思ったりしました
posted by ぴーと at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

36人

チリのサンホセ鉱山での救助作業が続いていますね
2ヶ月前は救助まで4ヶ月以上と聞いて、他人事ながら気が遠くなったものです
2ヶ月でも十分長いですよね
最初の方が救出された時の出迎えた息子さんが泣き出した姿は待っていた家族の皆さんの不安や寂しさもかなりのものだったのだろうと想像しました
二番目に助けられたマリオさんは、名前に違わず金の石をお土産に持ってくるなど、そのハイテンションぶりもあり笑ってしまいました
ああいうサービス精神旺盛な盛り上げ役の人は案外繊細の裏返しなのかもしれませんね

レスキュー隊員三人も含め36人
ここまで頑張ったのだから全員無事に地上に戻って来なくては

過去関連ブログ記事
『4ヶ月』
http://hare.seesaa.net/article/160504130.html


続きを読む
posted by ぴーと at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

グリーゼ581g

生命存在の可能性がある惑星を発見、米科学者ら
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2762565/6267614
数日前からニュースになってますね
今の航行技術では○万年行くのにかかるとはいうけれど
宇宙関連の話では何十万光年とかがザラなので、「20光年」って近っ!って思ってしまいます
「リック天文台」にも「おっ?」と思ってしまいました(笑)
この星から地球にUFOが来てたりして
posted by ぴーと at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

4ヶ月

チリの鉱山で起きた落盤事故
地下700mのシェルターに逃げ込んだ作業員は33名
先日、事故から約20日ぶりに生存が確認され、小さい穴から水や栄養物などは渡せるようになったものの、救出には後4ヶ月もかかる見通しだそうです…長い
今日は地上へ逃げ延びた人達の無事を伝えると、地下からは大歓声が聞こえてきました
もちっと体力温存せいっ
暗闇から救出の希望は見えるようになったとはいえ、食料も満足ではない地下に二週間以上で自分たちの救出はまだまだ先
そんな状況であんなに喜べるのはすごいなあと思いました
怪我してる人もいるんでしょうかね?
健康な状態でも大変だと思いますが全員無事に救出されますように
posted by ぴーと at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

グリーゼ581c

20光年先のもうひとつの地球?ということで注目されているようです。
天体の世界だとウン万光年なんて言葉をよく耳にするので、20光年だと意外と近い?光の速さの宇宙航行技術が開発されれば20年で行けるのかー。なんて考えてしまいました。でも遠いんですよね。
しかし辿り着いたとしても星自体の質量が5倍って事は重力も5倍?
そういう単純計算ではありませんでしたっけ?(注:調べもせずテキトーな事書いてます)5Gなら降りられませんね。圧縮パック
逆にそこに知的生命体がいて、地球にまで来ていたらアメコミヒーローみたいな事も出来るんですかねえ。ビームは出ないなビームは。
posted by ぴーと at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

まさおくんが・・・・・・

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061213k0000m040076000c.html
MSNニュースより
先日のポチたまには姿が見えないなあと思っていましたが、既に体調悪かったりしたんでしょうかねえ。
たくさん笑顔をくれたわんこでした。
posted by ぴーと at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

雪か星か

http://www.asahi.com/science/news/JJT200612110003.html
ふたご座流星群、14日夜が出現ピーク(アサヒ・コムより)
今年は例年より見えやすいとの記事ですね。
冬は晴れていれば元々星がきれいに見えるように思うので、ちょっと楽しみに見上げてしまいそうです。
posted by ぴーと at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

凱旋

先日第88回目の高校野球で準優勝を果たした駒大苫小牧ナインが苫小牧へと帰ってきました。
新千歳空港では多くの人達が大声援でお出迎え。
田中選手や本間選手は照れながらも笑顔で、他の選手は緊張した面持ちでその花道をバスへ乗り込んでいきました。あ、列の後ろの方でカメラを向ける群集へピースサインで応えている余裕の選手もいましたっけ。

その後、学校へ戻ったナイン達は集まった人々の前で報告会を。
最初に香田監督がマイクを取り、
「キャプテンの本間です。」と挨拶(笑)
「準優勝ではあるけれど一試合多くできました」
「どちらが勝ってもおかしくない戦いだったと思います。(略)色々あったチームですけど、皆さんに救っていただいたおかげでこういう名誉あることを受けることが出来ました。感謝しています。ありがとうございます。」
とのコメント。

続いて今大会急遽キャプテンとなり頑張った本間選手が
「こんばんは。えー総監督の香田です。」と挨拶(笑)
準優勝の報告と再試合や接戦を出来た喜び、応援してくれた人々への感謝の言葉を述べていました。
コメントの中で
「ピッチャーがあそこまで頑張ってくれたので自分達がなんとかしないと思った」
と語る後ろで田中投手が苦笑か照れ笑いかという表情で首を横に何度か振る場面も。

その田中選手はテレビのインタビューで
「応援は自分達の力になった。本当にありがとうございますと言いたい。」
「正直なところ負けて悔しいという思いはした」
「三連覇などの見えない重圧から開放されて楽になったと思う」
などと答えていて、本当に大きく重いものを背負って臨んでいたのだと思わされました。

香田監督と本間選手もナイスコンビですが、田中選手と本間選手もかなりのシンクロ率です。
残念ながらもう他の写真に変わってしまっているのですが、読売オンラインの記事写真では、選手の前途を願って(?)放たれた伝書バトの羽ばたきになのか、ほとんど同じポーズでめちゃくちゃ驚いている二人の様子が載っていました。離れて立っているのに(笑)
posted by ぴーと at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

テポドボン

上空から頻繁に聞こえる飛行機音が地味な怖さをかもしだしております……。
早朝からサッカーイタリアvsドイツ戦の好試合の合間を縫うようにテポドン発射のニュース。
朝方はほぼ一時間毎に日本海への不法投棄。打ち止めかと思ったら夕方には8発目との報道。
早朝のニュースではかなり情報が錯綜していたのか、局によって微妙に情報が違っていたのが緊急事態とはいえど気になりました。
コントロールあるのか無いのか、どこへ撃ちたいのか、いつまで続けるのか
「被害は無い」とは伝えられているものの、今後海への影響は無いのかも心配な所です。被害があった場合の威力もよくわからないですし。
報道の地図によってはロシアにかなり近い事になってるようなのですが、ロシア側の発言っていまだ報道はされていないような。
もうこれだけ撃ったら「人工衛星です」とは言えないだろうから「独立記念日の祝砲です」とでも言うつもりなんでしょうか?
なんにしても早く解決収束してほしいものです。


posted by ぴーと at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

それぞれの等価交換?

Yahho!ニュースサイトより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060417-00000003-cnet-sci
カナダの青年がペーパークリップを物々交換によって最終的に家に換える企画に挑戦しているそうです。
現在はレコーディング契約権と交換したアーティストの家に一年間住む権利を得たとか。
前にも何度か番組で芸能人の方などがこのような交換企画に挑戦しているのを見たことがありますが、これはあとどのくらいで目標達成するのか。家まで達成したらそこでやめてしまうんでしょうかねえ?
周りも相当盛り上がってるようなので、当然「もっと上を!」という声も出るんでしょうね。
記事を読むと彼の熱意と行動力と人柄、それに文章力が数々の人々を動かしたようです。
目標は今年の7月12日達成だとか。

ラジオの報道では映画化の話も出ているみたいです。

記事を読んでもうひとつ思った事、カナダ版わらしべ長者は最初何だったでしょう?
日本は「わら」→「わらで結んだあぶ」→「みかん」→「馬」→「家」
あたりでしたっけ?う〜ん、馬と家のあたりに何かあったかも。
みかんの次は「反物」があったようですね。

成功者にありがちな「よくそんな無謀とも思えることを思い立って、しかも実際に行動しちゃう所」が拍手ものですが、考えてみれば物々交換というものは大昔からあったわけですよね。
それには山に住む人や海沿いに住む人などのそれぞれの価値観があったり、
交渉する際のやりとりによって価値はその場で変動したりしたんですよね。
そう考えたらそれほど無謀な挑戦ではなく、ある意味自然な事でもあるのかなとも思ってしまいました。
posted by ぴーと at 18:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

来日!

アサヒ・コムより
ジャック・バウアー役、キーファー・サザーランド来日
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200511250041.html
DVDコレクターズBOX発売に合わせての来日でしょうか?
少し前にはトニー・アルメイダ役の人も来日して、コントなどやってましたっけ。
カロリーメイトの新CMの撮影なんかはしないんでしょうかね。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051125-00000003-flix-ent
屋内で吸えるのが嬉しかったんですね(笑)

来日といえば、記事は見つけられませんでしたが、
明日から公開の「ハリーポッターと炎のゴブレット」に出演の
ウィーズリー家の双子役の二人、ジェームズ&オリバー・フェルプス兄弟も来日されているようですね。
posted by ぴーと at 22:39| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ウィーズリー家の車、盗難?

eiga.comより
http://www.eiga.com/buzz/051101/02.shtml
ハリポタのフォード・アングリアが盗難?
噂なのか、ホントなのか。
物語の中では透明になれる車なので、
実はそのままそこら辺にあったりして。なんて思ってしまいます。
posted by ぴーと at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

おかえりーディスカバリー

着陸場所の変更や日時の遅延などはありましたが、日本時間今日21時11分、
無事機関されたようですね。ご家族は安心されたでしょうね。
しかし、これから3週間に渡る聞き取り報告があるそうで。その後は取材に追われたりするんでしょうか。宇宙よりも大変そう?
posted by ぴーと at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

帰還延期

アサヒ・コム記事
http://www.asahi.com/international/update/0808/006.html
天候不良の為、九日に着陸が延期になったようですね。
なかなか「ちょっと行って来る」じゃ行けない宇宙だから、一日延びて少し嬉しいくらいなんでしょうかね?
延期の間も何か研究や任務があったりするのかな?
posted by ぴーと at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

国際宇宙ステーション

先日打ち上げられたスペースシャトル、ディスカバリー号からの映像が、
連日時にはLIVE映像で映し出されていますね。
映画などでいくらそういった映像に見慣れてはいても、今この瞬間にこの大気の向こう側で撮影され、届く映像を目にすると、また違う不思議な圧倒間があります。

今回、船体の一部が修理を要する状態になっているのもそうですが、
船外での作業の様子などを観ても、宇宙服の向こうは地球上とは全く違う環境。
常に危険な状況と隣り合わせな場所にいるんだなあ。と思わされます。

ニュースを観ていてふと思ったのは、宇宙ステーションへの物資補給ってどうしてるんだろう?
今回みたいに打ち上げ延期とか、中止とかあるだろうし、以前「食料の残りが心配」というようなニュースもやっていたような。

ということで、まずは検索してみました。

宇宙航空研究開発機構:JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.sfo.jaxa.jp/
こちらに「よくある質問」というのに色々あります。
無人の補給船というのもあるんですね。
どうしても打ち上げ、遅れなくなったときは、宇宙ステーションにドッキングしている宇宙船で戻ってくる……のかな?
その宇宙船で一人とか二人だけ帰っちゃってる時に、何か大変なことになっちゃったりしても大丈夫なようになっているんだろうか?
posted by ぴーと at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

メガネメガネ……

yahoo!ニュース毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050729-00000003-maip-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050729-00000075-mailo-l14

読売新聞gooニュース
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050728/20050728i211-yol.html
眼鏡やコンタクトレンズを盗んで逮捕された男のニュースです。
自分に合うのが欲しかったからというような事をテレビのニュースでは言っていて、
眼鏡屋へ行け。と苦笑混じりに思いましたが。
殴ったうえに家に押し掛けてって無茶苦茶してますね。
道端で奪った例もあるようで、まるで辻眼鏡狩り。
取られちゃったら追い掛けようがなさそうですもんね。
眼鏡だけで120以上見付かったとか。なんだかなぁ……な事件ですね。
posted by ぴーと at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

ハリポタ6巻盗難

デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/gossip/2005/06/05/175278.shtml
警備してる人が盗んだんじゃ、守れないですよね…(苦笑)
しかし、犯人側の言い値とはいえ、980万円とは。
posted by ぴーと at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

アリクイ脱走

http://news.fs.biglobe.ne.jp/social/tm050602-90005147.html

動画
http://broadband.biglobe.ne.jp/index_news2.html?movieid=90005147

白と黒の模様が、まるで服を着ているようにも見えますねぇ。めんこい。
アリクイって鋭くて大きいツメがあるようなイメージでしたが、
映像で観た感じでは、ぽくぽくと音がしそうな前足でしたね。収納してるのかな?
posted by ぴーと at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

みつかった旧日本兵

まだちゃんと確認されたのかどうかわかりませんが
またしても旧日本兵の方がフィリピンで見つかったようですね。
すごいなー。60年?長かったでしょうねぇ。。
まあ、今度はいくらなんでも終戦したことは知っているのかもしれませんが、
長かっただろうことにきっと変わりはないでしょうね。

そしてこのニュースを観て、横井さんと小野田さんごっちゃになっていたことに気付きました。
Mr。オクレさんが物真似というか似てると言われてたのが、小野田さんで、
「恥ずかしながら帰ってまいりました」は横井さんだったんですね。
ジャングルで日本の冒険家の青年に根気よく説得されたのがどちらの方でしたっけ。
中国などの問題やこういうニュース、広島、長崎などの話を聞くと戦後という言葉について考えてしまいますが、今回の方たちにしても、60年。戦争中も入れればそれ以上になるんですよね。長い戦いですよね。。
posted by ぴーと at 18:17| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

海岸にいたピアニスト

アサヒコムより
http://www.asahi.com/international/update/0517/016.html
ちょっとしたドラマか映画でも出来そうなニュースです。
イギリスの海岸でずぶ濡れのスーツ姿で発見され、怯えた様子で一言も喋らず、
ペンを渡すとグランドピアノの絵を描き、ピアノの前に案内すると、
何時間もピアノを引き続けるとか。
どんな目にあって、そんなことになったのか謎ですが、
映画だったら命狙われてたりなんかして、公表すると危なかったりするのかなー?
なんて思ってしまいました。……他人事思考ですね。
posted by ぴーと at 14:47| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。