2014年11月15日

ノーノーリレー

11月15日 日米野球 東京ドーム

昨日は岩隈投手と金子投手との投げ合いで試合前ワクワク
両投手共万全の状態とはいかなかったようで、投手戦とはなりませんでしたが、動きのある試合で
紅白戦の色があちこちに見られる試合でもあり、それもまた楽しかったですね


今日は則本投手が先発ということでこれまた試合前からワクワク
「やった三者凡退だ」「調子良さそうだー」などと言ってるうちに三者凡退が続く続くよぱーふぇくと

三振や菊池選手の好プレーに「おー」「わー」言いながら、こちらまで緊張

当初の予定通りか、則本投手は5回60球6奪三振のパーフェクトで降板

二番手は西投手
緊張のせいか、先頭に四球
その後カノー選手に死球もありましたが、2回を投げノーノーは継続

三番手は牧田投手
こちらも四球を2つ出しましたがノーノーのまま抑えて次へバトンタッチ

9回は西野投手
両リーグの首位打者を二人相手にするという、ある意味申し分ないシチュエーション
そしてこれまた菊池選手の好守もあり三番凡退で〆てノーノーリレー完成!
地上波的に放送時間も完璧という終わり方でした

ヒーローインタビューには投手4人が上がり、
則本投手は「最高のピッチングでした」「三振が取れたのは嶋さんのリードのおかげ」
西投手はいつもの笑顔で「牧田さんはコントロールがいいので」「でも2つも四球出してびっくり」
牧田投手は「ブルペンでは吐きそうでした」
西野投手はまだ緊張した表情で「僕も吐きそうでした」「誰かヒット打たれないかなと思いました」と正直なコメント

メジャー側の先発、ガスリー投手は日系4世だそうで
副音声のAKI猪瀬さんによると日本の名字は「向井」さんらしい
フライアウトの投手との事でしたが、フライが得意の投手を東京ドームで投げさせるのはどうなんだ?と思いました
日本でも野球をしてみたいと思っているそうで、嬉しいというか見てみたいですね
posted by ぴーと at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。