2015年01月23日

『スレイヤーズ25周年あんそろじー』感想その2 ※ネタバレ注意

長くなったので、神坂先生以外の先生作品の感想は、読み次第ぼちぼちこちらに
↓この先ネタバレ注意
☆☆☆
闇よりもなお暗きもの
夜よりもなお深きもの
混沌の海よ たゆいし存在 金色なりし闇の王
我ここに 汝に願う
我ここに 汝に誓う
我が前に立ち塞がりし
すべての愚かなるものに
我と汝の力もて
等しく滅びを与えんことを−
重破斬!
☆☆☆

☆秋田禎信先生
リナ10歳。魔道士協会の同級生視点のお話

気になったのが、7歳以前、幼馴染みのウォルターに炎の矢をぶちかましのエピソードはどーなっちゃうのかなー?とか
(すぺしゃる14巻『遠き日の決着』参照)
ゼフィーリアの方々って基本つわもの共ごろごろな豪快なお土地柄だったよなあとか
個人的なイメージでは室内にじめっと籠るタイプの魔道士は苦手だけど、攻撃呪文、特に派手なのは三度のメシくらい好物だったよなあとか
つか、基本魔道士は室内系がメインすよね?とか色々ビミョーな違和感が残りました
VSオーフェンとかあっただけに『あれ?』とちょっと意外でした
『リナ魔将軍ザンニンバース』はツボりました


☆日日日先生
出演はゼルガディス、ヌンサ(稚魚?)そしてオリジナルキャラ

ゼルガディスとヌンサが漫才してますw
シュール、ノスタルジー、そしてホラーで読ませます

ヌンサスーパーボールがあればいいのにと思う投げっぷり!

魚籠を首から下げてるゼルwうーんスナフキン
ゼルの堅物(外見のみあらず)ながらお茶目な描写がいいですね
そういえば5巻かどこかでアメリアに習うまでは治癒も使えませんでしたよね
そして猫!25周年といえば猫(違う)
猫がわんさか出てきます。猫にたかられるゼルw
『どうでもいい』と言いつつヌンサに声をかけるゼル
面白かったです


☆愛七ひろ先生
すぺしゃる20『ミッション・ポシブル』後日談なお話

すぺしゃるの巻末にありそうな感じですね
なぜこの題材を選んだのかが少し気になりました
好きな一作だったのかな?
忘れてた話だったので、後で読み返してみたくなりました
竜破斬も出てきます
随所にスレイヤーズっぽいあれやこれやが散りばめられてるなあという印象でした


☆初美陽一先生
えーとゼルリナ?いやそれとも違うような?
ゼルとリナがロマンス力(すまっしゅ5『恋せよオトメ』参照)の乏しさをこれでもか!と披露する話?
ある意味ボケ3人でツッコミ役が欲しいなと

すぺしゃるからはディオルじいさんや、名前失念しましたが、エロ本遺跡のゴーストネタやアニメの乙女の祈りやカップル遺跡話からのリスペクトって感じでしょうか?
ドラゴンボールネタが出て来たのはオラおどれえた!


☆橘公司先生
シャブラニグドゥの5人の腹心たちがカオスな会議を繰り広げるお話

思えば『作者』さんは毎回混沌温泉に浸かっていたのかーと
フィブリゾは部下の部下だからぶかぶかですね
『ガ』が名前につく人は忘れっぽくなりがちなのかと思いましたw
『ゴウザウラー』に大笑いw
そしてグラウシェラーはライジンオーに改名!?
ものづくり魔族。作業服意外と似合うかも
『ラグナ論争』のくだり読んでて『冥魔槍(ヘルブラスト)』はあったよなあ?とえんさいを引っ張り出してしまいました
こっちはフィブリゾ関係ないのかな?
そしてほんとうのあとがきでL様が珍しくおとなしかったわけが判明!すっきりしました

橘先生ご本人のあとがきでも書かれていましたが、楽しんで書いてる感じが伝わってきました
お祭り感もありすごく面白かったです
ヤシガニまで出るとは流石混沌

☆☆☆
原作元からの出版物のわりには全体的にアニメ視点の方が多いのかなー?という印象でした
まあでもそこはそこまで他の作家さんの本読まないもんかもなー仕方ないとか思ったり
プロの方ならご自身の作風なりあるでしょうから余計に難しいのかもしれませんね
そんな中、それぞれの悪戦苦闘なり楽しさなりも味わえる一冊かもしれません

2部の巻の間はかなり隙間というか謎タイムが多いので、その辺りを義中さんみたいな感じで読んでみたいと思いました

posted by ぴーと at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

『スレイヤーズ25周年あんそろじー』※ネタバレ注意

2015年1月20日発売の『スレイヤーズ25周年あんそろじー』をついに購入っ!

発売日まで待ち遠しく
店頭で見て愛おしく
手にしたら読み終わるのが惜しく

ひとまず透明カバーをかけ、一頻り眺め、細部までは読まないように気をつけつつパラパラと各作家さんの傾向を探り……
お茶を一服

どらまきやまどらまたりななんとなく似てるかな
    がうりん

この先ネタバレになります注意

☆☆☆
黄昏よりも昏きもの
血の流れより紅きもの
時の流れに埋もれし
偉大なる汝の名において
我ここに 闇に誓わん
我等が前に立ち塞がりし
すべての愚かなるものに
我と汝が力もて
等しく滅びを与えんことを−
竜破斬!
☆☆☆

というわけで以下ネタバレです。感想読んだ所からぼちぼちと。書いたり書かなかったり

帯にはアニメ版リナ役の林原さんより熱いメッセージが
呼び捨てちゃってるよw

☆カラーイラスト
あらいずみ先生画は表紙と同じものが一枚
他にNino先生、パルプピロシ先生、深遊先生が一枚ずつ描かれています

モノクロは各章毎にあらいずみ先生の既存イラストが扉を飾っています

あらいずみ先生の新イラストが少ないのは正直寂しいですが、体調を考えると表紙絵をじっくり反芻するのもいいかなと

☆あとがき
まずはあとがきから
L様が概ねご機嫌で、ななななんと!作者さんが無事!無傷!ごりごりガリガリめきっ!とかされてない!(驚愕)
すばらしきかな25周年

☆神坂一先生
トリを飾っております
時系列は一部6巻終了直後あたりですかね
リナ、ガウリイ、ゼルガディス、アメリアが登場です
ゼロスとナーガは話題で登場

最初の注意書に『オイw』となって正義で乙女なリナに『うひょう!?』となり、ガウリイの『子猫ちゃん』でごはん三杯おかわりです
『なんだこれはwww』から『なるほどw』となりました

熱血編集さんかゼルガディス
ナーガの崇拝者が増えるしくみがわかったり
リナとガウリイが追加してるくだりがツボだったりしました
『子猫』→スリッパでツッコミのくだりもいいですねえ

というか、それぞれの座る位置の描写だけでも嬉しくなってしまいました

『視点』の話はナーガの話にも当てはまるのかもなあと思いました
あれは『アメリアが聞いてリナに伝えたグレイシアの言葉』であって
実際ナーガがリナに直接同じ説を語るとなると、口調やら細かい言い回しやらが違ってくるのかなと

そしてガウリイ
この頃はリナに剣を指南してるんだよなあ。なんて思って読んでました
飄々としつつ、核心を鋭く突くガウリイらしさが描かれていて嬉しいです
アメリア視点でもリナを見る目は『優しく』なんですねw
リナ視点だと『やさしく』なのかな?
この辺は意図してるのかどうなのか
あと、『リナが叫ぶって』と興味を持つガウリイにもガウリナン的にはツボでした

これそのままCDドラマにしてほしいなあああという一作でした

こんな風に二部の幕間のちょっとしたひとコマも読んでみたいなあと思いました
そしてマンガ、イラスト版あんそろじーもぜひ!富士見書房さああああん!(叫)

他の作家さん感想はこちらに
posted by ぴーと at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。