2014年11月30日

プリン風蒸しパン

日糧パンの『プリン風蒸しパン』
プリンパン1
名前はよくあるあるあるある〜な感じ
それでもプリンと聞けば手に取らずにはいられない
横から中身が透けて見えるので覗いてみると
「おわっ!?」
プリンパン2
ちゃんとプリンの形状

プリンパン3
紙を外すとこんな感じ
スプーンで食べてみた
上のカラメルフィリングはようかんパンぽい食感
かなり甘いという話を見ていたせいか、それほど甘過ぎとは感じなかった
やっぱりプリンはこの形だよなあ
この形状でプリン感3割り増し
posted by ぴーと at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

スレイヤーズ25周年記念で発売ふたつ

メモ的な意味合いで

今年、スレイヤーズという小説が生誕25周年ということで

ひとつは富士見書房(角川書店?)よりアンソロジー本
2015年1月20日発売『スレイヤーズ 25周年あんそろじー』
648えん

執筆者ラインナップは
神坂一・秋田禎信・橘公司・初美陽一・愛七ひろ・ 日日日
皆さんどの辺りを書かれるんでしょうね?

もちろんイラストはあらいずみるい先生が描き下ろし神坂先生も自ら短編を書き下ろしちゃうって事ですかね?
かなああああああり楽しみです
あとがきだったり、まさか年々年賀状でレベルアップを重ねているイラストだったりして


そしてもうひとつはアニメ版スレイヤーズから

2015年2月27日発売『劇場版&OVA スレイヤーズ デジタルリマスターBD‐BOX』
Amazonより

劇場版5作品とOVA2作品がブルーレイで復活
あらいずみ先生描き下ろしのブックレット付き
店によって多少特典が増えたりするみたいですが、当時のフィルム使用のブックマークなどもあるとか

リナ役の林原さんとナーガ役の川村さんのコメンタリーもあるみたいです

こちらは劇場版1作品以外は原作『すぺしゃる』を基としたものですね
主人公リナと、奇妙ないきものナーガの珍道中です
劇場版の一つ、『ぷれみあむ』は原作本編(というかアニメシリーズ)を基に、リナ、ガウリイ、ゼルガディス、アメリア、そしてタコが繰り広げる言語の壁問題。と書くとちょっと固いか
タコ愛護とやっぱりたこ焼きって美味しいよねっ!って話……でもないか
へんな歌がきけます
posted by ぴーと at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

『妖怪半分 学生半分』(ネタバレ注意?) 

神坂一先生の25周年書き下ろし作品です 

大学生の稀綱(きづな)がある日、自販機の前で出会った少女、マキは稀綱の取り忘れた80円を持ち去ろうとしていて
不思議な言動のマキに着いて行く事になったマキの家は『奇妙』でその育て親もこれまた『奇妙』で
ごく普通だった大学生がひと足ずつ『奇妙』に足を突っ込んでく話

かな?

読みやすくて一気に読めましたが、妖についての考察とか迷い家(まよいが)の話とかマニアのスタンスとか身近な闇とか色々反芻しても面白そうですね

稀綱にしても閑(しずか)やマキにしても神坂先生らしいキャラクターだなあという感じですね

大阪についてのあれこれは読み手も「そこっ!?」とか突っ込まずにはいられないかと思われます

本を手に取って一番先に確認し、そして衝撃を受けたのは

  あとがきがなああああい!!!


でしたw以下は更にネタバレ含みます
posted by ぴーと at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

ノーノーリレー

11月15日 日米野球 東京ドーム

昨日は岩隈投手と金子投手との投げ合いで試合前ワクワク
両投手共万全の状態とはいかなかったようで、投手戦とはなりませんでしたが、動きのある試合で
紅白戦の色があちこちに見られる試合でもあり、それもまた楽しかったですね


今日は則本投手が先発ということでこれまた試合前からワクワク
「やった三者凡退だ」「調子良さそうだー」などと言ってるうちに三者凡退が続く続くよぱーふぇくと

三振や菊池選手の好プレーに「おー」「わー」言いながら、こちらまで緊張

当初の予定通りか、則本投手は5回60球6奪三振のパーフェクトで降板

二番手は西投手
緊張のせいか、先頭に四球
その後カノー選手に死球もありましたが、2回を投げノーノーは継続

三番手は牧田投手
こちらも四球を2つ出しましたがノーノーのまま抑えて次へバトンタッチ

9回は西野投手
両リーグの首位打者を二人相手にするという、ある意味申し分ないシチュエーション
そしてこれまた菊池選手の好守もあり三番凡退で〆てノーノーリレー完成!
地上波的に放送時間も完璧という終わり方でした

ヒーローインタビューには投手4人が上がり、
則本投手は「最高のピッチングでした」「三振が取れたのは嶋さんのリードのおかげ」
西投手はいつもの笑顔で「牧田さんはコントロールがいいので」「でも2つも四球出してびっくり」
牧田投手は「ブルペンでは吐きそうでした」
西野投手はまだ緊張した表情で「僕も吐きそうでした」「誰かヒット打たれないかなと思いました」と正直なコメント

メジャー側の先発、ガスリー投手は日系4世だそうで
副音声のAKI猪瀬さんによると日本の名字は「向井」さんらしい
フライアウトの投手との事でしたが、フライが得意の投手を東京ドームで投げさせるのはどうなんだ?と思いました
日本でも野球をしてみたいと思っているそうで、嬉しいというか見てみたいですね
posted by ぴーと at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

エクスペンダブルズ2 (ネタバレあり)

3作目が公開中?という事で、前作の2がテレビ東京系で放送していました
先週は1作目

以下ネタバレあります






3作目も更に豪華メンバーみたいですが、2作目のこの作品もかなり豪華出演
ストーリーが進む度に「うわー○○だー」と笑ってしまいます

派手なアクションと遊び心満載の、これぞ娯楽大作って感じの映画ですね

前作ではシルベスター・スタローン演じるバーニーに一人着いて来た、ジェット・リー演じるヤンが冒頭ちょろっとしか出て来ないんですね
「ジェットさんはいつ合流するんだろー?」と終盤まで待ってしまいましたよ
スケジュールの関係だったんでしょうか?

エクスペンダブルズのメンバーではナイフ使いのリーがアクションシーンの要所でいいとこ取りしていましたね

いいとこ取りと言えばチャック・ノリス演じるブッカー。強すぎw
戦車はどうやったんだろうw

ブルース・ウイルスとアーノルド・シュワルツネッガーのコンビも楽しいですね
シュワちゃんは「溶鉱炉で溶かすぞ」と言われたり、あいるびーばっくを連呼し合ったり
冒頭の場面ではどうやって脱出したのか気になりました
お約束の塊みたいなビリー青年も、派手な戦闘の中、「後で拾うってどこで拾うんだー?」とかなり戦闘そっちのけで気になっていたら、回収シーンなしでしたw
細かくツッコミ入れつつ、細かい事は気にせず楽しむにはいい映画ですね
posted by ぴーと at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。